【経験談】アトピーで咳嗽(がいそう)が治らないのは嘘!?

アトピー咳嗽
あなた
アトピー咳嗽とは何?咳が泊まらないけどどうしたらいいの?治療の方法を教えて欲しい。

こんな疑問に答えます。

僕自身、中学生の頃からアトピーになり、一時期、アトピー咳嗽になりましたが、今はアトピー咳嗽も治り、健康な日々を過ごしています。そんな僕の経験も含めて、アトピー咳嗽についてお話させて頂きます。

アトピー咳嗽とは?

「熱や喉の痛みなどがないのに咳だけが治らない」と困っている方、それはアトピー咳嗽と呼ばれるものかもしれません。

アトピー咳嗽(がいそう)とは、アトピー素因をもっている人が発症する可能性があり乾いた咳が長く続いたり喉にイガイガとした違和感があったりするのが特徴です。

アトピー素因をもっている人、いわばアレルギー鼻炎や気管支喘息などといったアレルギー疾患を患ったことのある方はみんなこのアトピー咳嗽になる可能性があるということです。

・昼間は普通に過ごしているのに夜になると咳がでる
・レントゲンでみても異常がないのに咳が止まらない
・咳止めの薬を飲んでも効かない

などの原因はこのアトピー咳嗽である可能性があります。

アトピー咳嗽の特徴とは?

長引く乾いた咳や喉の違和感などが特徴で、病院では最初普通の風邪や気管支喘息と間違うこともありますが、通常の風邪や喘息時に有効な咳止めや気管支拡張剤が効かない場合、このアトピー咳嗽が疑われます。

また、喘息時に起こる喘鳴などが聴こえないのもその特徴の一つとされています。

咳が長引いて困っているという方は、一度専門の呼吸器内科を受診してみるのが良いかもしれません。

アトピー咳嗽は治らない?

では、このアトピー咳嗽はどんな治療があるのでしょうか。

通常、風邪のときなどに処方される咳止めや気管支拡張剤など、市販の薬では効きません。

アトピー咳嗽と診断された場合、抗ヒスタミン薬や、ステロイドの吸入薬、もしくは内服のステロイド薬が処方されます。

人によって治療期間は異なり、これらが処方されてもすぐに咳が治らない場合もあります。(僕の場合は、咳嗽になってすぐ対策を始めたので、治りが早く約1週間で治りました)

症状がなかなか改善されない場合、咳が長引くのはとても辛いものです。

また、アトピー咳嗽は一度治れば良しというものではなく、再発の可能性が非常に高いとされています。

エアコンの風や、タバコの煙、ハウスダストや排気ガスなど要因は様々ですが、これらが引き金となって発症するケースもあるので、日々の生活の中で気をつけていかなければなりません。

アトピー咳嗽まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕自身も、一時的アトピー性の咳嗽(がいそう)になった事がありますが、その時は、マスクをして、よくうがいをして、部屋の換気をよく行うようにしていたら自然に治りましたが、アトピー咳嗽は、アレルギー疾患をもっていて、アトピーの人はみんな発症する可能性があります。

また、高い確率で再発の恐れがあり、エアコンの風やハウスダストといった身近な生活の中にも引き金となる要因がたくさんあるので、常に空気が乾燥しないように保つなどしてアトピー咳嗽を引き起こす原因を断つことが大切です。

咳が長引いていて辛いという方は、一度専門の先生がいる呼吸器内科などを受診し、アトピー咳嗽の可能性について調べてもらってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪府出身。サッカー好き。中学生、大学生、会社員と3度のアトピーを経験。25歳のアトピー発症時が一番ひどいアトピーを経験し、夜も眠れない生活が続く中で世界中のアトピー治療を自分の身体で実践し完治に至る。そのアトピー完治の方法を様々な方法で多くの人に伝えている。