【真実】アトピーになる原因にはストレスが大きく関係していた!?

アトピー ストレス

アトピーの原因はよく分からないという部分も多いのですが、最近ではストレスが原因でアトピーになる人も増えています。

この記事を書いている僕自身はアトピーで長年苦しんでいましたが、今は完治する方法を見つけたので、僕の実体験を元に書いていきます。

アトピーの原因はストレス?

今回は、ストレスがアトピーにどのように関係しているのかをご説明していきますが、大きく分けてストレスは身体に下記のような事をもたらします。

  • 1.ストレスによって体に老廃物がたまる?!
  • 2.ストレスによってアトピーへの抵抗力がなくなる

では詳しく見ていきましょう。

1.要注意!ストレスによって体に老廃物がたまる?!

ストレスによって、体には様々な異常が発生します。不安や怒り、悲しみといった感情は心だけではなく、体にも負担をかけるのです。

心臓や呼吸器や腎臓や腸といった臓器は、ストレスによってその活動を著しく低下させてしまうことがあります。

体にとって重要な臓器の働きが鈍くなってしまえば、エネルギーの循環もおおいに滞ります。

本来直ぐにでも体の外に排出されるはずの老廃物も体の中に止まることになり、その老廃物が原因でアレルギー症状は引き起こされやすくなります。これがストレスによってアトピーが発生してしまうプロセスです。

アトピーの症状を和らげるためには、滞った流れを元の速やかな形に戻して、老廃物を健康的に排出させていかなくてはなりません。

臓器がそれまでの働きをとりもどせば、アトピーの要因となっているアレルギーの発生も落ち着いていくでしょう。

2.ストレスによって落ちるアトピーへの抵抗力

一般的にアトピーの症状が、子供から大人へと成長するにつれ落ち着いていくと言われているのは、成長によって培われる抵抗力が、アトピーに対抗する強さを持ちうるようになるためとされています。

子供はよく風邪を引くが、大人になると引きにくくなる、というのと同じ原理です。

しかしストレスによって乱れたホルモンバランスや、不安定になった自律神経は、そうした大人の体の抵抗力、免疫力を低下させます。体を外敵から守る力が、アレルギーの脅威に負けてしまえば、治まっていたかに見えたアトピーの症状も再び現れるようになります。

アトピーのトリガーを、ストレスが引いた形です。

ストレスを退け、自己免疫力をもう一度高めなければ、アトピーの症状を改善することはできません。

アトピーの原因となるストレスを排除するためには?

ストレスによって体が弱体化することで、アトピーの症状はそれまでよりも強く深刻に現れるようになります。

アトピーの治療を目指すためには、ストレスに負けない体づくりが大切です。

塗り薬や飲み薬による、アトピー改善への行動と並行して、ストレスの排除に向けた活動も同時に行っていきましょう。

ストレスの原因となっている、根本的な問題に心当たりがあるのなら、その問題を解決するのが症状を快方に導く最も確実な方法となります。

それが簡単に解決できるものでないのなら、ひとまずよく睡眠をとり、食事をとって、体力を回復させることに努めましょう。
睡眠と栄養は体に活力を与え、代謝を良くし免疫力を向上させます。

体力気力が充実すれば、肌の回復力が上がり、荒れている皮膚にも治癒の兆しが見えてきます。

アトピーの症状に悩んで、さらにストレスをため込んでしまうのが、辞退における一番の悪手です。かゆくても不快でも、そのイライラや不安からできるだけ目を逸らすようにし、他の明るくなれることに目を向けていくようにして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪府出身。サッカー好き。中学生、大学生、会社員と3度のアトピーを経験。25歳のアトピー発症時が一番ひどいアトピーを経験し、夜も眠れない生活が続く中で世界中のアトピー治療を自分の身体で実践し完治に至る。そのアトピー完治の方法を様々な方法で多くの人に伝えている。