【夏対策】今すぐ出来る!暑い時のアトピー対処方法【大人向け】

夏 アトピー

本記事では、夏場における大人のアトピー対策について記載させて頂きます。

夏場、アトピーが悪化する原因の一つとして、拭いても拭いても流れ出る大量の汗があげられます。夏の暑い時に、体温を下げるために体が汗を出すのは、ごく自然なことなのですが、正確には汗によって肌に付着する老廃物や、そこに繁殖する菌が問題となっています。

それらのものにアトピーの肌は敏感に反応し、炎症を引き起こしかゆみを発生させます。皮膚に余計な刺激を与えないためには、汗は極力体から拭い去ってしまわなければなりません。

かゆみを引き起こす夏場の汗にご用心!

夏 アトピー 汗

夏のアトピー対策は、そうして出た汗を、いかに丁寧に取り除いていくかということが重要になります。

シャワーを浴びられる環境にある時には、シャワーで汗を流してしまうのが、最も簡単で確実な対策法です。

汗を流した後、保湿用のクリームなどを塗っておけば、皮膚は健康に保たれるでしょう。シャワーを浴びられない場合はタオルや汗拭きシートで、こめに汗を拭きとります。やさしく肌を撫でるように拭くのがポイントです。

肌質を大きく低下させる?!紫外線に要注意!

紫外線 アトピー

夏にアトピー症状が現れる、原因の二つ目は強い日差しによる紫外線です。日光は皮膚の健康を守るために必要なものではありますが、浴び過ぎるのはよくありません。

紫外線に当たると肌は水分を失い、乾燥した状態になります。乾燥が進んだ時に起こるのが、火照りや火傷といった症状です。

水分は皮膚組織を外敵から守る、バリアの働きを担う存在であるので、日に当たり続けた肌はバリアを失い、傷つきやすく荒れやすく、アトピーの炎症を起こしやすくもなります。

紫外線は日焼け止めクリームで防止することができますが、肌の弱い人には日焼け止め成分が刺激となることもあります。

クリームやサプリメントでの日焼け対策に並行して、長袖の服を着たり日傘を差したりといった対策をし、夏の強い日差しから肌を守っていきましょう。

夏の大人のアトピー対策まとめ

暑い夏の季節に、大量の汗を掻くことも、紫外線を浴びるのも仕方のないことです。

汗や紫外線を、完全にシャットアウトして普段通りの生活を送ることはできません。アトピーを悪化させないためには、汗や紫外線の脅威を見逃さず、こまめに対策をとっていくことが大切です。

汗を掻いたらそのままにせず、きちんと水分をふき取ったり流したり、濡れた服を着替えたりする、皮膚が火照るまで太陽の下にいないということを心がけていきましょう。

夏の肌が受ける負担はとても大きなものになるので、一日の終わりにはきちんと保湿や栄養補給といった形で、スキンケアを行うのも重要な行為です。

汗や紫外線の攻撃で、ダメージを受けた肌を労わるつもりで、いつも以上に丁寧なケアを心がけるようにして下さい。

アトピーの人にとっては、肌にこもった熱もかゆみを引き起こす脅威となりますので、スキンケアついでにクールダウンもさせるようにして下さい。

いつまでたっても熱が引かずにかゆみが治まらないといった時には、保冷剤や冷感性のあるアイテムで冷やすのも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪府出身。サッカー好き。中学生、大学生、会社員と3度のアトピーを経験。25歳のアトピー発症時が一番ひどいアトピーを経験し、夜も眠れない生活が続く中で世界中のアトピー治療を自分の身体で実践し完治に至る。そのアトピー完治の方法を様々な方法で多くの人に伝えている。